Topに戻る
JHTAの掲げるジャパニッシュアロマテラピー
 ジャパニッシュアロマテラピーは手先の器用さ、細やかな気配りなど、日本人の特長を活かしたアロマテラピーマッサージです。安静時の心拍リズムに合わせた「1/Fのゆらぎ」という呼吸法による深いリラックス感、東洋と西洋の技術をバランスよく組み合わせることにより「痛気持ちよい感覚」を生みだす技法です。
 アロマ(香り)とヒーリングタッチにより、相手を癒しながら、また自らの“こころとからだ”を同時に癒すことができます。